12月のイベント情報 Events in December‏

Christmas Party Philippine Festa 2014

みなさま、

お世話になっております。三浦です。

いよいよ12月になり、イベントなどもたくさんあり、忙しいですね。

今回は12月のイベント紹介です。 

127日(日) 10:00~ クリスマスパーティは13:00~

在住外国人による秋田弁スピーチコンテスト ~ クリスマス交流会

毎年恒例のスピーチコンテストとクリスマス会です。

スピーチをしてくれる在住外国人の方、まだまだ募集中です。賞品もありますよ!

☆日時  12月7日(日)午後1時頃~

☆場所  男鹿市民文化会館 2階大会議室  

☆会費  外国人の方と子どもは無料(日本人の方は1,500円)

☆連絡先 男鹿市国際交流協会  電話:0185-24-4141

詳細は添付資料をご確認ください。

 

1220日(土) 14:30~16:30

  『フィリピン フィエスタ イン 秋田 2014』 

“楽しいフィリピンのお祭りを体感しましょう!”

フィリピンのお祭り(フィエスタ)を再現します。

ゲームや音楽、ダンスなど、本場フィエスタの雰囲気を秋田のみなさんに紹介します。

お子さんを対象に、マスク(仮面)を作るブースも設けます。

プログラムの最後には、一番素敵だと思うマスクをお客さんに決めてもらいます。 

 【主催】Bahay Kubo バハイクーボの会

 【場所】秋田市にぎわい交流館AU 2F アート工房12

 【参加費】無料

 【お問い合わせ】 Emailbahaykubo.akita@gmail.com 代表者:ホサカ チャリーナ 

————-

Dear all, 

This is MIURA, I suppose everyone seems to be busy in December because of many events!

Well, heres information about events in December. 

December 7th, Sunday. Speech Contest: 10:00 –   Christmas Party: 13:00 –

  Akita Ben Speech Contest in Oga by foreign residents — Christmas Party

  This event is provided by Oga City International Association, and now still looking for some speakers for the contest! And you will get a prize!

 

Day and time: December 7th, Sunday 13:00-

Place: 2nd floor of Oga City Bunka Kaikan  

Admission: Foreign residents and children are for free (Japanese citizen: 1500yen, thank you)

Contact: Oga City International Association  Phone0185-24-4141

For more details, please find the attached files.

 

December 20th, Saturday 14:30-16:30  Philippine Festa in Akita 2014

  Experience the festival in Philippine, absolutely fun!

   You can experience the authentic Festa of Philippine through the game, music and dance.

   We offer the booth for making Masks for children. Then choose the best one at the last part of the Festa.

 

 HostBahay Kubo

 Place Art room 1,2 Nigiwai Koryukan AU, Nakaichi, AkitaCity

 【AdmissionFree

 Contact】 Emailbahaykubo.akita@gmail.com Charina Hosaka

広告

外国人によるスピーチコンテスト/International Speech Contest in Japanese

みなさま、

いよいよ秋田にも冬が到来ですね。一年の半分は冬のようなものです。気合を入れていきましょう!

11月16日(日)、秋田市JOINUSで行われた、毎年恒例の『外国人による日本語スピーチコンテスト』にて秋田でがんばる外国出身者たちのスピーチを聞いてきました。フィリピン、モンゴル、中国、ベトナム、マレーシア、ロシア、韓国、台湾、アルゼンチン、インドネシアといった留学生を中心とした元気あるスピーチで元気をもらってきました。日本人のスピーチはどこか形式ばったもので、感情もなく、淡々としているのですが、外国出身者のスピーチは一語一語に感情と力強さがあり、一生懸命日本語を勉強してきて、その思いを会場にいるみなさんとシェアしたいという意気込みが感じられてきました。みなさんに共通していたのは、『未来のことをしっかりと考え、それを実行する力』だったような気がします。いろいろなことを乗り越えて、さまざまな経験を積んできたみなさんだからこそ、人にもそのエネルギーを分け与える力、考え方ができるんだなと感じた一日でした。主催者のみなさん、そして関係者のみなさん、みなさんのお力があって、毎年大成功を収めるスピーチコンテストです。来年も楽しみにしています!

Deal all,

Finally winter has come to Akita, we don’t have to concern about it, because the half of a year is winter in Akita. We just keep on going!

I went to the annual event “International Speech Contest in Japanese” at Joinus in Akita City to listen to the speech by foreign residents living and working hard in Akita. The speakers, mostly foreign students from Philippine, Mongolia, China, Vietnam, Malaysia, Russia, Korea, Argentina and Indonesia, encouraged all the listeners. Even though typical Japanese speech is sometimes too formal, simple and without emotion, the speeches by foreign residents were very emotional and powerful in every single word. We, audiences, were impressed that all speakers would like to share the story of experiences with us because they have learned Japanese language so hard. Also they focused on the theme “Think about our future, and have the power of taking action”. I personally felt that they have got over many troubles and bitter experiences, therefore, they can encourage us and indicate how we should live. At last, thanks for everyone who were related to this wonderful event, I hope the next year’s contest will be successful, too!

多文化共生社会『外国人の声⑦ フランス出身 Mさん』Akita Multicultural Newsletter – Voice of Foreign Residents No. 7 M-san from France

今日は、秋田で頑張るフランス人のMさんについて紹介します。

Mさんと出会ったのは、今から4年くらい前のことです。

日本の大学で日本語を勉強し、日本の会社に就職したMさん。

日本社会は深みがあって、色々なことに驚きつつ様々なことを吸収してきたそうです。

それというのも、「フランスを離れて、日本とフランスとを比較することで、どうあるべきなのか、どういったことを信じればいいのかということを自分自身の中で見つけてきたからだ」とのことでした。

今では「真のフランス愛国者」と豪語しています。

・ダイエット

数か月ぶりにMさんに会ったところ、彼にはどこか心身ともにスッキリした感じがありました。

そのことを聞いてみると、「体に良いものを食べてデトックスに成功したからかな」と言います。

詳しく聞いてみると、フルーツをメインに繊維質を多く摂って、無駄なもの、良くないものを体から排出するというダイエット方法があるとのことで、巷にあふれる化学物質を可能な限り取り込まないようにしているんだそうです。

何かに憑かれたように専念するのではなく、「趣味程度にやっているから長続きしている」とのことでした。

「人間が本来食べてきたもの、それを食べているだけ」なんだそうです。

やっぱり人間には Simple is best が必要なんでしょうね、と再確認できました。

・政治の話

最近のフランス事情も聞いてみました。

日本人の想像するフランスというのは今では過去のものになっているそうで、「フランスは自由だよね~」と言われると最近では複雑な心境になるそうです。

ヨーロッパならではの人種間の問題、宗教の問題、貧困の問題などについても、日本にいるからこそ分かってくることがあり、日々何が正しいのか考えるための目と耳を養っていく必要がある、とMさんは伝えてくれました。

それに、秋田ではこういった話のできる人が少ないから、それは少しさみしいかな(笑)、とも。

・仕事の話

仕事を通じて日本社会を勉強しているMさん。

仕事では多くの人と接することが多く、外国人であるがためにハローと言われたり、余計に目立ったり。「建前でかっこいいですねと言われることにも慣れました(笑)。そういうところも、日々日本社会を学んでいる証拠かな」

・成長した自分

「数年前フランスにいた頃は日本に行きたい、日本で色んなことを学びたいという夢や希望が強くて、睡眠時間を削ってでもお金を貯めてきました。今になって振り返ると、そんな頃もあったなー、と考えられるけど、若い頃の自分は夢や希望だけを見てまっしぐらでしたね。今では色々なことを考えるようになって、人生に必要なものはなにかなと模索しながら日々を生きています。」

フランスは哲学の国で、家族とインターネットを通じて話している時も哲学の話になるんだそうです。

“最近はものごとをちゃんと考えない人が増えてるね。”

“テレビや新聞の情報に振り回されてるよね。”

“いつから拝金主義に染まって、お金が神さまなんて世の中になったんだろう。”

なんていう話もするそうですよ。「死んだ後までお金を持っては行けないよ~」と、よくフランスのお母さんに言われるそうです。

週に何度かフランス語を教えてもいるというMさん。

「言葉は単なるコミュニケーションの道具ですから、それを使うも使わないも自分次第なんです。自分が何を考えていて、それを率直に伝えるにはどうすればよいのか、と考えればいいんです。日本の人には外国語が苦手という人が多いけれど、そういう思考法を身に付ければもっともっと外国語を話せるようになるんじゃないかな。」とMさんと話し合いました。

じゃあ、どうすればいいんだろう?

“思ったことを率直に伝える”っていう訓練が必要なんだろうね、というのがこの日のまとめでした。

I would like to introduce M-san, who is French man working hard in Akita.

The first time I met M-san was about 4 years ago.

M-san went to university in Japan to study Japanese language and now he is an employee at a Japanese company.

Japanese society is deeper than Japanese language and he has been trying to soak up things that surprised him. That means he has been finding himself through the thoughts of how he should be, what he should believe when he is apart from France, and compare Japan and France. Also now he says he is a true French patriot.

Be Healthy

I saw him for the first time in several months and he looked slimmed-down in body and soul. I asked him how he did it, and he said he just tried to consume food which is very heathy for his body and “Detoxed”. I asked him for the details, and he explained that he tried to consume mainly fruit to get a lot of fiber, and eject waste and things that are bad for the body, which means he tries not to consume chemical and artificial materials as much as possible.

He worked out these eating habits because he was not obsessed and kept eating like one of his hobbies. He said “the food that human beings have been eating in nature, I just eat them.”

I recognized that we, human beings, need “Simple is the best.”

Political Issues

I asked him the recent circumstances in France.

When we imagine France, we might think of “Freedom, Liberty…” but he said that what we imagine of France is already a thing of the past and history. Therefore, when people say “France is very free”, he has mixed feelings. Those are including issues of race, religion and poverty in European countries. He understands those situations because he lives in Japan and apart from France. We should cultivate eyes and ears to think what is right and wrong are in daily life, he said.

Otherwise, he was a little sad because no one in Akita talks about political issue in France like today… (laugh)

Job

M-san has been studying Japanese society through his work.

He told me that he sees many people in his workplace, and people say “Hello” to him because he is foreigner. Also he smiled and told me that he got used to being called “Good looking” or “Handsome!” but that was Japanese public stance (Tatemae)!!. He learns about Tatemae day by day!

Myself: progressed

“When I was in France in a couple years ago, I had a big dream like I was dying to go to Japan and learn many things, so I saved money, cutting out sleeping. Now I think, there was the time I used to be…  For now, I am concerned about many things and try to find what I need for life.”

When it comes to France, it might be “Philosophy”. When he talks to his family in France, they usually talk about philosophy. “People don’t think deeply.” “People are misled by wrong information” “Since when did money become God?” His mother sometimes says that we will not be able to carry our money after we die.

He teaches French a couple times a week.

“Words are just the tool for communication, so it’s up to us. We should think and focus on what we think and how we tell, that’s the question. Japanese people often say they are not good at communicating in foreign languages, I strongly believe we should focus on the way of thinking, then we can more easily communicate in foreign languages.”

So, what should we do first?

“Tell directly what we think and feel,” that’s what we concluded.